個人のプライバシーを守るためにも盗聴器を発見しましょう

男女

盗聴被害から身を守る

スーツの女性

盗聴器を見つけくれます

家の中でしている会話の内容が外部に漏れ出していると感じられる場合は、家のどこかに盗聴器が仕掛けられている可能性があります。今はネット通販等を利用すれば、誰でも簡単に盗聴器を入手できる時代になりました。最近の盗聴器は小型化・高性能化が進んでいますので、気がつかないうちに盗聴器を仕掛けられている可能性が十分にあります。また、たとえ直接的な被害を受けることがなかったとしても、プライバシーを土足で踏みにじられるのですから、気分のよいものではありません。そういう時は、盗聴調査の専門業者に相談してみるのが一番です。盗聴調査業者に相談すれば、すぐに盗聴調査を開始してくれます。盗聴器発見後の対応についても相談にのってくれますので、とても頼りにすることができます。

業者による調査

電話で盗聴調査業者に調査を依頼した場合、当然のことながら、その事実についても盗聴犯の知るところになってしまいます。盗聴犯が狡猾な人間である場合、盗聴犯自身が盗聴調査業者を装って訪問してくる可能性がありますので、注意する必要があります。盗聴調査を行っている業者の多くは、公安委員会に探偵業の届け出を出しています。というよりも、その届け出を出していない業者はモグリの業者ですから、利用するべきではありません。本物の盗聴調査業者であれば、訪問した際にまず探偵業の届け出を出していることの証拠となる何かを見せてくれるはずです。証明書のような物を見せてくれない場合は、業者のふりをしている盗聴犯である可能性が高いです。盗聴調査業者は自分の身分を証明する物を必ず携帯していますから、それを持っているかどうかで本物か偽物かを見極めることができます。